FAQ

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

Q-11. 【用語解説】用語解説 回線交換

「回線交換(Virtual Circuit)」とは、通信中にずっと回線を確保したまま通信を行なう方式です。
まず通信を行う前に、発信側と着信側で通信回線を確保して、通信が終了した時点でその回線を解放します。通信するデータが流れていない場合でも回線を占有するため、回線利用の効率はよくありません。

こ れに対して、データをある大きさ(ひとかたまりのデータ)に区切り、かたまりごとに宛先情報やエラー訂正情報などを付けて、相手に送信する方式を「パケッ ト交換」といいます。「パケット交換」では、実際にデータを送受信しているとき以外は回線を占有しないため、同一回線において異なる複数の情報を送信する ことで、回線の利用効率を向上させることができます。
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask